Twitter

2012年

1月

14日

若冲

伊藤若冲の素晴らしさ

伊藤若冲の動植彩絵の細密描写の牡丹小禽(ぼたんしょうきん)の絵画テレビを拝見しました。

 

 色彩の艶やかさと、細部まで手抜きがなく、丹念に作りこまれている素晴らしさに、胸をうたれました。

 

 この絵には、25種類の絵の具が使われており、絹糸の画面に描かれています。

 

 伊藤若冲の素晴らしさは、色の使い方にあります。さまざまな色を作り出すための、工夫が素晴らしさの一つであるといえます。

 

 例えば、「紅葉小禽図」(こうようしょうきんず)を例にあげると、

紅葉の落ち葉の色を塗り分けるための工夫が見られます。

 

1白い色(胡粉を絹の裏から塗る。)

2表から裏の色の上に白を重ねる(表と裏の色を同じ色に塗るのが基本、絵の具の強度を増す役割も兼ねる。)

 

1と2の上から色を重ねたり、表を赤、裏から橙、裏からふちなしの赤、裏から黄色、裏から黄色を薄く。

 

裏のみ赤色、裏のみ黄色のように変化をつけています。このように色にバリエーションをつけ、もみじの葉の色に変化つまり、個性を持たせている。

 

 このように、色に対する探究心が若冲の作品に見て取れます。この色を作り出す方法に色々な工夫が奥深く、見ているものを引き込む力の魅力になっているところに感銘を受けました。

 

 まだまだ素晴らしい若冲さんの作品があるので、また次回に書きたいと思っています。

 

0 コメント

2012年

1月

09日

タイトル変更

タイトル

タイトルを素敵なアート作品~宝を掘り出せに変更しようかなと思う。まずは、試しにこの内容で、ブログを綴ってみて、それから今後、このブログをどのように活用してゆこうか決めたいと思う。

0 コメント

2012年

1月

09日

美術やアート

チームラボ

昨日、チームラボ代表の猪子寿之(いのことしゆき)さんがテレビに出ており、”百年毎図鑑”なる作品をみた。

 

 現代デジタルアートの一つであったが、その作品の切り口がとても面白かったので、とても刺激を受けた。自分も同じような手法を使ってこのような作品を作ってみたいという気持ちが湧いてきた。

 

 空間の捕らえ方がとても素晴らしいと思う。空間をいかに把握するかは、美術のデザインにおいても、あらゆる作品においても重要だ。

 

 とても参考になる空間把握の考え方であった。是非、本物の作品を直接見てみたい。機会があったら、展示を見に行こう。

0 コメント

2012年

1月

04日

新年の目標

Jindo のサイト

 今年は、このjimdoのサイトを充実させてゆきたいなと思っています。

内容も大幅に変更してゆくかもしれません。どのように活用していこうかは、思案中です。

 

 まずは、このサイトのまめな更新をがんばろうと思います。

 

 皆さま、本年もよろしくお願い致します。

 

 

0 コメント

2011年

10月

29日

有楽町のルミネ

 昨日、有楽町のルミネがオープンしました。テレビを見ていて、トイレもかなり、こだわりを持ったデザインがほどこされていた。「いきたい。」と思っているのだけれど、行列には並びたくないし、混雑した店内も好きではないので、もうしばらく様子をみて、ほとぼり冷めたら出陣したいなと思っています。

 

 それにしても、有楽町と銀座は、再開発で活気があるな~。もう少し、その熱気を首都圏のみではなく、分散してほしいなと思います。

0 コメント

2011年

10月

26日

トイレのイメージカラー

トイレの色

 一般的にトイレの色は、何色がいいのだろうか?

 

 清潔感あふれる白か、それとも汚れが目立たない色がよいのか?

 

 いずれにしても、毎日必ずお世話になる場所だから、落ち着ける空間になるような工夫がよいのでは、なかろうか。

 

 今日は、色について考えてみたいと思う。

まず、色が心理学的に人間に影響を与えることは、よく知られているが、トイレにおいても、それによって影響するのだろうか?

 

 今まで、色に対する影響なんて考えもしなかったが、もしかすると奥が深いかもしれない。

 

 温かみのある色のほうが、体の緊張感がほぐれ、お通じに良い気がする。暗い色だと、狭い空間なので余計に圧迫感を抱くかも知れない。

 

 普通公共の場所には、白いイメージが多く清潔感をアピールしていることが多いな。豪華なホテルでは、高級感を表現している場合もあるな。

 

 色々な場所にでかけて、色に注目して考察してみよう。テーマから少し脱線してしまったが面白い展開になりそうな気がしてならない。

 

 

 

0 コメント

2011年

10月

24日

おいしいレストラン

不覚にも、自分のwebテーマであるトイレを確認するのを忘れてしまった。

 

 お茶のお稽古で集中力を使い果たしてしまった。さらに、風邪をひきそうで、これまたダブルで、ダメだめである。第1号のトイレプラスおすすめ記事が書けるはずだったのに残念だ。仕方ないので、近いうちにまた足を運ぼう。おいしいのは、間違いないのだから、まっいいか。それを口実に、食事に行けばよいのだから、これもわるくな いかな。

0 コメント